北戸田駅飛び込み親子は誰?身元や学校がどこかも調査!

北戸田駅 飛び込み 親子 誰 身元 学校ニュース

2022年12月28日に発生した、北戸田駅で親子が線路内に飛び込んだ人身事故が注目されています。

飛び込みをした親子は、計3人で母親とその息子2人との事ですが、搬送先の病院で息を引き取りました。

そんな北戸田駅飛び込み事故に関して詳しい概要を知りたいという方が多いようです。

北戸田駅で飛び込みをした親子は誰なのか?身元や息子たちの学校がどこなのかについても知りたいのではないでしょうか。

そこで今回は、「北戸田駅飛び込み親子は誰?身元や学校がどこかも調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

北戸田駅飛び込み事故の概要

北戸田駅飛び込み親子は誰?身元や学校がどこかも調査!

この飛び込み事故が起こったのは、北戸田駅の線路内でのことでした。

北戸田駅の駅員によって、「線路内に人が飛び込み人身事故が起きた」と110番通報があり、この事故は明らかになったようです。

親子計3人が飛び込みによって、武蔵浦和発新宿行き上りの普通電車にはねられ、すぐに救急搬送されましたがその後病院で亡くなってしまったとの事です。

この飛び込み事故に関しては、女性が2人の子供たちの手を引いていたという目撃証言も上がっています。

そのため、生きていくのがどうしても苦しくなった母親が、無理心中を図ろうとしたのかもしれませんね。

 

北戸田駅飛び込み親子は誰?

北戸田駅で発生した人身事故の親子に関して、現時点で分かっている情報は以下の様になります。

・さいたま市南区に住む女性(37)無職

・小学2年生の長男(8)

・小学1年生の次男(6)

北戸田駅のホームに設置されていた防犯カメラには、親子3人で手をつないでいる姿が映っていたそうです。

ですが報道では、この飛び込み親子が誰なのかについて詳しい事を発表していないため、わかりませんでした。

 

北戸田駅飛び込み親子の身元は?

北戸田駅飛び込み親子は誰?身元や学校がどこかも調査!

親子の身元は未だに公式発表されていません。

ですが、今回の場合は既に年齢が公表されている為、身元確認は恐らく取れているのではと思われます。

飛び込み事故の場合、電車に跳ねられたことで多くが身元確認できないほどの状態になってしまいます。

一方で、今回の場合は死亡が確認されたのが病院との事なので少なくとも身元は分かる位の状態だった事が推測できます。

もし遺族がいる場合は、飛び込みで亡くなった家族の身元をわざわざ公表されたくないでしょう。

そのため、年齢まではわかっても今後も詳細までは発表されないかもしれません。

 

北戸田駅飛び込み親子の事故理由はなぜ?

今回北戸田駅で発生した人身飛び込み事故の理由はなぜだったのでしょうか?

報道によると、親子は無理心中を図ったのではないかとされています。

ただ、子どもは小学生であることがわかっています。

小学生くらいであれば、親がやろうとしていることをだいたい理解していることでしょう。

にも関わらず、親と一緒に線路に飛び込んだということで鬼気迫るものがあったと予想されます、

いずれにしても悲しい出来事ですよね。

 

北戸田駅飛び込み親子の国籍は?

報道によると、親子は外国人であることがわかりました。

国籍がどこなのか気になりますよね。

ただ、今のところ親子の国籍がどこかも明らかになっていません。

今後新しい情報が入り次第追記していきます。

 

北戸田駅飛び込み親子の小学校はどこ?

ここからは、北戸田駅で線路に飛び込みをした親子の学校がどこなのかについて詳しく調査していきます。

この北戸田駅での飛び込み事故で亡くなった息子たちの年齢を考えると、学校に通っていたという事になります。

そのため、この北戸田駅飛び込み事故で亡くなった2人の息子たちについて学校を関連付けて調査していきました。

ですが、それがどこなのかについて詳細は出ておらず、小学校も特定することは出来ませんでした。

このような状況になった場合、個人の意思が尊重されるのではと思います。

そのため、遺族や亡くなった息子たちの事を考えると、今後も学校名は隠されるかもしれません。

 

まとめ

北戸田駅で発生した飛び込み事故の親子は誰なのか、身元や学校に関して、記事をまとめていきました。

北戸田駅で起きた飛び込み事故によって親子計3人が亡くなってしまいました。

この記事では、そんな亡くなってしまった親子について飛び込み親子が誰なのか?身元や学校がどこなのかについても調べていきました。

ただ、まとめた情報以外に関しては何も情報が出ていないため、手掛かりを掴むことが出来ませんでした。

ここまで生きてくる中で、苦しみ続けた結果もう流石に苦しみから解放されたいと思ってしまい、この選択をしたのかもしれませんね。

他に何か良い選択肢は無かったのかとも思ってしまいますが、人に言っていなくてもこの様な苦悩を抱えている家庭は他にも多いでしょう。

そのため、今後はこのような悲劇を少しでも減らせるように国も困った人には手を差し伸べることが重要ですね。

タイトルとURLをコピーしました