新城市トンネル事故の施工会社はどこ?ゼネコンを徹底調査!

新城市 クレーン 事故 建設会社 どこ ゼネコンニュース

12月23日愛知県新庄市の高速道路の工事現場で、男性作業員2人がコンテナの下敷きになり、死亡しました。

警察によると12月23日午前9時前、金属製のコンテナをクレーンで釣って作業をしている最中に、ロープが切れてコンテナが落下しました。

この事故で42歳と34歳の、いずれも男性作業員が下敷きとなり、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

事故があった現場は三遠南信自動車道のトンネル工事現場で、コンテナを撤去する作業をしていろと頃だったとのことです。

新庄市の工事現場でクレーン事故を起こした建設会社はどこなのでしょうか。

そのゼネコンも調査したいと思います。

今回は「新城市トンネル事故の施工会社はどこ?ゼネコンを徹底調査!」と題してまとめていきます。

 

新城市トンネル事故の施工会社はどこ?

新潟県新城市の高速道路工事現場で作業をしていた建設会社がどこなのかは公表されていません。

しかし、とある建設会社のホームページで、実績が公表されていました。

その中に「新東名高速道路新城工事」というものがあり、所在地が愛知県新城市となっています。

竣工は2016年で、約2.6㎞の延長となっており、長期間にわたり施工していたようです。

おそらくこの建設会社が今回の事故に関係のある会社かと思われますが、現在のところ公開されていないため、特定は避けておきます。

 

新城市トンネル事故のゼネコンはどこ?

新潟県新城市の高速道路工事現場のゼネコンがどこなのかも公表されていません。

報道の画像では建設会社のクレーンや周辺の看板などが報じられていますが、ゼネコンや会社名などが分かることは確認できませんでした。

今回の事故で、作業員が2名命を落としていますので、今後公開される可能性も考えられます。

今後判明しましたら、改めて掲載いたします。

 

まとめ

今回は「新城市トンネル事故の施工会社はどこ?ゼネコンを徹底調査!」と題して記事にまとめてきました。

12月23日愛知県新庄市の高速道路の工事現場で、男性作業員2人がコンテナの下敷きになり、死亡しました。

警察によると12月23日午前9時前、金属製のコンテナをクレーンで釣って作業をしている最中に、ロープが切れてコンテナが落下しました。

この事故で42歳と34歳の、いずれも男性作業員が下敷きとなり、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

新城市で事故があった建設会社やゼネコンを調査いたしましたが、現在は公表されておらず不明です。

ある建設会社のホームページでは、愛知県新城市が現場の高速道路工事の実績が記載されていますが、特定には至りませんでした。

タイトルとURLをコピーしました